2020年05月31日

執拗な情

【どんなに腕のある名医でも
生命とやらは、思い通りには扱えない】

生活苦から、男に溺れる母

自分がああしたい、こうしたい事を優先し

扉という扉を閉じて、
窓という窓にカーテンをして
一条の光も通さないような部屋で

私を隠した…開かない窓
男女同権の落とし子だった

いつも私に背を向け
弱っている私の心にムチを打ち

いつしか私は母を
泣いて追うのは諦めた

多かれ少なかれ 誰にでも触れられたくないものはある
誰かを好きになると
その負い目を、好きな人の負い目に
してしまわないだろうかと、悩んだ時期もあった
私は人を愛せるのだろうかと…

「あんたなんか産まなきゃよかった」
その言葉を聞くたびに、

大人は時々ウソをつく
哀しいとき…
辛いとき…
ひどく疲れたとき…
時々、
ウソをついて、自分を励ますために
一番、好きになってほしい人にウソをつく

いつもそう、言い聞かせていた

大声を出して本気で泣こう!
次の瞬間には、笑ってるはずたから…
大声なら大声なほど、
次の笑い声も大きい

大きいなら大きいほど、生きる力も強い

誰の為でもない
あなた自身の為に…
あなた自身の幸せの為に…

幸せな気持ちを追い求めていくと、いつか
笑顔にたどり着くと信じて、

流した涙が、もしも雨になるのなら
どうか…めぐみの雨であれ

posted by 管理人 at 00:46| Comment(0) | その他の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

病院というもの


病院

苦しい人が入院してる


結構、やっぱり高齢者が多い


これが、日本か。


安部政権は貧弱さを露呈したけど


まさに、超高齢者社会


は、避けて通れないね。


延命にも取れる病院


ろうろう介護は、すぐそこ


まじ安楽死を選ぶ制度必要だと


思うよ、、、


リハビリで、聞いたら


お見舞いも、入院退院手続き


もしない家族は増えてるらしい。


考えさせられる。


家族とは?


答えは何ですか?


posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | 自分の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イルカのハニー






イルカのハニー








プールのある所に引きっとって欲しいけど








独りぼっちは辛いもんね。








朗報だとは思う。







ペンギンも行き先見つかるといいね。




イルカのハニーは今年の3月に亡くなりました お祈りしましょう

アマゾンで何か買うときは下記より買っていただけますと、

すごく助かります。↓よろしくお願いします↓






毒親 ブログランキングへ↑ クリックで応援して頂けると幸いです ↑

千葉県銚子市犬吠埼にある犬吠埼マリンパークが今年2018年1月31日をもって閉館したことは当時のニュースで報じられたことで知る人も多いことであろう。このマリンパークのことを海外のREUTERS、CNN、Daily Mail Onlineなど、多くのメディアで報じられた。

海外メディアが取り沙汰する理由は単に水族館の閉館ということよりも、そこに閉館した今もイルカやペンギン、魚や爬虫類といった生き物ががそのまま取り残されていることによる。





posted by 管理人 at 00:00| Comment(0) | その他の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする